« 2014年11月 | トップページ | 2015年6月 »

2014年12月の1件の記事

2014年12月 2日 (火)

ガンプラHG「G-アルケイン」を差し替えパーツ無し変形(完全変形?)に改造してみた

富野由悠季監督の新作アニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」のプラモデル(ガンプラ)

「1/144 HG ガンダム G-アルケイン」

を発売日に購入して、ぱちぱちとパチ組み(説明書通りに組み立てただけ)してみました。
このキット、組んでみて
「なるほどーこうしたかー」と感心するところと、
「ちょっとここちがうでしょ、なんでこうしちゃったの?」な部分が混在していて、
組み立てている間、複雑な気分になりました。
デザイン画から拾えていないラインが多いんですよ。面構成が違ってたり。
デザイナーが意図する部分に関節の軸位置が来てない足首関節とか。
あちこち出来がいいだけにちょっと残念。

でも、良く出来ています。満足です。
(画像クリックで拡大します)

G_a_01

外形をいじろうとすると、あちらこちら大工事になってしまって、いつもの完成しない病に陥りそうだったので、やめました。

その代わり、キットではパーツ差し替えでの変形だったので、差し替えパーツ無しでの変形に挑戦することにしました。そのほうが楽しそうだったので。

まずはリアアーマーのスカートに着目。
ここなのですが、とっても可働しそうなパーツ構成とパーツ形状をしているにもかかわらず、MS形態で全く可動しないのですよ。

そこで、干渉する部分を削ってやって、可動するようにしてみました。

G_a_02

デザインナイフ(オルファのアートナイフ)でカリカリ削って、軸の動きを瞬間接着剤で少し渋めにしただけです。

G_a_03

このようにスカート周りの変形を再現することが出来ました。
ここで気づいたこと、

G_a_04

機首のパーツとスカートのパーツが綺麗にかみ合ったのです、この辺りは設計の良さを感じました、感心しました。

続いて問題の、差し替えパーツを使う股関節の変形。

G_a_05

股関節軸を移動させないといけないのですが、距離がある、遠い!
この移動量をどうやって稼ぐかが難しい。
本当ならば、色々と構想を練って、図面を引いたり試作を何度もやるなどしないといけないところなのですが、
今回は、作例とかコンテストに出したりとかではなくて、完全に遊びなので、
あーだこーだー考えながら行き当たりばったりで、とにかくそれっぽくなればいいや、な自己満足を優先して、作ることにしました。
試行錯誤しながらどんどん形にしていくのが楽しいので、難しいことは考えずに勢いだけでどんどん手を動かしました。

んで、とにかく形になったのがこれです。
土曜日に買って日曜日の夜にこんな感じになりました。

G_a_06

差し替えパーツ使用時とは脚の位置がちょっとずれてしまっているのですが、程よく収まったので、これで良しとしました。

G_a_07

こんな感じで動きます。股関節軸の移動距離を稼ぐために、無駄に複雑怪奇です。
行き当たりばったりです。
ちゃんと考えて煮詰めればもっとシンプルに出来ると思います。
今回はとにかく変形させたかったのでこれで良しです。
 
追記:変形後に股関節パーツが緩くてぷらんぷらんだったので、応急処置でロックするパーツを追加。ついでに股関節を左右に1mmずつ広げました。

G_a_16

G_a_08

G_a_09

G_a_10

後ろから見ると大変なことに・・・・

今回の変形機構だと、サイドスカートがそのままなので、変形後に腕が平行になりません。
とある画像掲示板の某模型裏ではスカートを内側に逃がす機構を入れていた人が居たので、やってみるといいかもしれません。
私は面倒なのでもうこのままで。

腕が平行にならないので腕にライフルとシールドを付けると内側を向いてしまいます。
ですのでライフルとシールドの軸接続基部にポリキャップとポリボールジョイントを入れてみました。

G_a_11

無事平行に。

G_a_12

G_a_13

G_a_14

G_a_15

ライフルとシールドを付けたら、めっちゃかっこいい。

とっても満足、楽しかったです。

(けれど、アニメでは結局、一度も変形が無かったのは、作った身としてはやっぱりちょっとさみしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年6月 »