カテゴリー「携帯・デジカメ」の1件の記事

2014年10月 7日 (火)

WX04SHが故障

元WILLCOM(ウィルコム)、現Y!mobile(ワイモバイル)のスマートフォン、
シャープ製のWX04SHが故障しました。

故障内容ですが、
WX04SHはPHSと3Gの両方の通信回線が使えるハイブリッドな端末なのですが、
PHSでの音声着信だけが出来ない(話し中になる)というものです。

久しぶりに着信があったと思ったら相手から
「電話を何度も何度もかけても話し中だった」
と言われたのでびっくり。
それまで一度も着信が無く、着信履歴も残っていなかったのです。

試しに家の電話からWX04SHのPHSの番号に電話をかけてみました。
確かに何度かけても話し中の「ツーツーツー」という音が聞こえ、WX04SHのほうは無反応でした。
但し、10数回かけて1度だけ普通に着信しました。

3Gの電話番号にかけると正常に着信しました。
電話の発信はPHS、3Gどちらも正常でした。
データ通信もPHS、3Gどちらも正常に動作していました。
ただ、ここ数ヶ月、PHSのデータ通信が、電波を掴んでいる(アンテナの表示が出ている)にもかかわらず、そのアンテナマークに「X」がついて、PHSでのデータ通信が不能になることが何度もありました。PHSのデータ通信をOFF/ONしてもモバイルデータ通信をOFF/ONしても変わらず、再起動で復旧しました。

PHSの回路がおかしくなったっぽい?

気づいて良かったです。PHSの番号を主な電話として、あちらこちらに知らせてあるので、繋がらないと大問題です。

電源の切/入の再起動やオールリセットでも直らなかったので、
さっそく、Y!mobileの公式ショップ「ワイモバイルショップ」に持ち込みました。
オールリセットや、修理持ち込みの前に、必ずバックアップやデータの退避を行ってください!
バックアップは電話帳やアプリに始まって、おサイフケータイのデータ(残高)など、多岐に渡ります。全部退避させます。
私は今回オールリセット前に「JSバックアップ」というアプリを使用したのですが、これでは送受信したメールの内容(MMS、SMS)がバックアップされないことに気が付かないままオールリセットをかけてしまって、いままで送受信したメールの内容を消してしまいました(泣)
WX04SHはMMSのバックアップに、ソフトバンクの「あんしんバックアップ」というアプリが使用出来ます。
おサイフのチャージされている金額などは、アプリ毎に機種変更メニューで一端、端末の外(サーバー)に退避させます。修理から帰ってきたらアプリ再インストール後に戻します。

ショップに持ち込み、預かり修理ということになったのですが、ここで問題が。

WX04SHはPHSと3Gが両方入った特殊な端末のため、修理預かり中の代替機は同じようなハイブリッドのDIGNO DUAL 2しか用意が無く、なおかつそれが全部貸し出し中とのこと。

PHSストレート端末のWX01Sを提示され「代替機が戻ってきてからの受付にしますか?、それとも通話しか出来ませんけれどこれでいいですか?」と聞かれました。

PHSの電話番号は緊急用も兼ねて使っていて、このままPHSの電話が受けられないのは致命的だったので、そのままWX04SHは修理で預け、PHSの音声端末を借りる選択をしました。

 

注意:2015年の9月末で、メールアドレスの転送周辺の仕様変更が行われます。これによって以下のメール関係の対応が不可能になるようです(なりました)

さて、問題は、メールです。
私が今、スマートフォンでメインで使っているメールアドレスは「wcm.ne.jp」、これしか知らせていない相手へのメール送受信が出来ません。


代替機のWX01Sは「wcm.ne.jp」が扱えません。
そういえば、GmailをPOP/SMTPで扱えるんだっけ?、たしかWillcomの音声端末って、
POP/SMTPでキャリアメール以外も使えたよなー、と思いついたので、WX01SにGmailの設定を入れてみました、が、駄目でした(設定間違い?SSLの問題?)
んで、オンラインサインアップあたりかしらんと思って、試しにオンラインサインアップを実行してみたところ、むかし機種変更前に使っていた「pdx.ne.jp」のメールアドレスが有効になって、送受信可能になりました。

スマートフォンの
メールアドレス「wcm.ne.jp」は3G回線に紐付けされているらしく、この「wcm.ne.jp」のアドレスには転送機能がありません。「My Y!mobile(旧My WILLCOM)」に入っても「wcm.ne.jp」のメール受信の転送の項目はありません。
※「My Y!mobile」の「070」側の設定画面に「
メールの設定を行う」の項目があり、ヘルプに

メールの設定を行う
Eメール転送設定は、DUAL端末へ機種変更された場合などに、PHS側に届いたEメールを、3G側や自宅のパソコンなどへ転送することができます。

との記載があるので、「pdx.ne.jp」(「willcom.com」も?)の転送設定のようです。
※設定してみたところ、「pdx.ne.jp」宛てに送ったメールが設定したアドレスに無事に転送されました。でも反映までに時間がかかりました。あとは、どのアドレスからどのアドレスに転送されるか(転送の設定どのようにされているか)確認出来る画面が無いので欲しいです。

PHSストレート端末からのオンラインサインアップで「pdx.ne.jp」メールの転送設定を行うことが出来たので、「pdx.ne.jp」と「Gmail」ではどちらも転送したりされたりが出来るようになったのですが、「wcm.ne.jp」のメールだけはWX04SHでしか送受信が出来ませんでした。
そのあたりをちゃんと考えずに修理に出してしまったので、修理から戻ってくるまでは
「wcm.ne.jp」宛てにメールが届いていても不明の状態です。
これから修理に出そうという方で、もしこのブログを読んだ方は、メールをどうやって処理するか事前に考えて、メールの設定や周りへの連絡をしておかないと、修理中にメールが見られない私のようになってしまうので注意してください。

代替機で「pdx.ne.jp」のアドレスでメールを受けることが、私は可能だったので、すぐに連絡を取りたい相手には
「pdx.ne.jp」のアドレスから、このアドレスが緊急の仮だよというメールを送ったのですが、返事がまだ一度も無いので不安です・・・
(もしpdx.ne.jpが相手の受信ブロック対象だと届かないので)

 

追記:2014/10/11

月曜日の昼に修理で預けたのですが、土曜日の昼に「修理完了しました」の連絡が入りました。
修理には1~2週間ほどかかると聞いていたので、思っていた以上に早く修理が終わりました。

さっそく引き取りに行ってきました。

修理内容は

弊社製品をご利用頂き誠にありがとうございます。この度はお客様にご迷惑をお掛けし申し訳ございません。ご申告状況1「バー立つが着信不可」確認の為、機能・測定器発着信の各テスト実施し現象確認致しました。無線制御基板の締結部を修正し、事象が改善することを確認致しました。修理完了後、入力ボタン操作・音関連・カメラ・充電動作テストを実施し正常性を確認致しました。OS再インストールを実施し、ご返却させて頂きます。メモリクリアされております。今後とも弊社製品を末永くご利用頂きますようお願い申し上げます。

基板修理とOS再インストールですね。メモリは当然クリアされていました。あとおサイフ(FeliCa)チップも初期化されていました。
保証期間内だったので、修理費は0円でした。

代替機の返却ですが、修理完了の連絡から30日以内に返却しないと、超過金8,640円が追加になってしまうので要注意です。

バックアップからのリストア、再設定を全部終わらせて、一件落着です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)