カテゴリー「音楽」の2件の記事

2013年12月 6日 (金)

Android端末とMP3で苦労したので覚え書き(AndroidでMP3を聞く方法)

私のAndroid端末でのMP3の管理状態を書いておきたいと思います。

※注意!!:この記事は2013年末の古い記事です。最新のAndroidの状況は変わっているので、あまりアテにはしないで下さい。

ちなみに私が持っているAndroid端末は、
・IS01 (Android 1.6)
・IS03 (Android 2.2)
・KYOCERA Echo (Android 2.3.4)
・IS12M MOTOROLA RAZR (Android 4.0.4)
・WX04SH (Android 4.1.2)

※追記:2017/03/19
m3uプレイリストですが、Android 4.2 以降、ストレージの扱いが厳格になったために、自分の端末を Android 6.0.1 の arrows M03 (富士通製)に機種変更したら、よく分からなくなってしまいました。基本、ここに書いてある方法そのままでは、m3uプレイリストは使えなくなってしまったのですけれど、いろいろやっていたら、今、システムがm3uプレイリストを読み込みました。条件不明です。

※注意:この記事内で使用しているソフト「Winamp」ですが、
開発配布元の米Nullsoft, Inc.が、
2013年12月20日で「Winamp」の公開を含む“Winamp.com”の全サービスを終了することを宣言しました。

追記
・WinampはNullsoftから Radionomy社に管理が移りました。しかしながら、Radionomy社のWinampの活動がいまいち不透明なため、Winampはすでに過去のソフトとして認識されているのが現状です。
ですので、ここで書いているWinampの使用方法は、あくまで参考として、読んで頂ければと思います。
ちなみに今現在のWinampの入手先です。
 ↓
http://www.winamp.com/
Android用Winampのダウンロードへのリンクもあり、上記アドレスのページをスマートフォンのブラウザで開き[Google play]ボタンを押してPlayストアで開くとページに飛びます。
(たぶん飛ぶと思います、うちのスマホでは飛びますが・・・、アプリのページはあるらしいのですが、Playストアの検索ではAndroid用Winampは引っかからないのです)

公式ページからAndroid用Winampへのリンクが削除されました。
ネット上を探すと、GooglePlay以外の場所で
Android用Winampのインストールファイルが存在しますが、オススメしません。
もう、他のMP3再生アプリを探した方が良いと思います。

 

・まえがき

私はAndroidでの音楽鑑賞には、IS01以外は、Android用 Winamp を使用しています。

PCやAndroidで音楽を聴く時、普段は、CDからPCで変換したMP3を聴いています。

かなり昔からMP3で音楽を聴いてはいたものの、iPodなどの携帯音楽プレイヤーは長い間、持っていなかったので、PC(Windows)にはiTunesは入っていません。

後に購入した、携帯MP3プレイヤーはSDカードにそのままMP3を放り込めば聴けるタイプだったので、環境は変わらないままでした。

PCのHDDにはフォルダ単位で音楽を管理しています。
具体的には

アーティスト名フォルダ>アルバム名フォルダ>曲目.mp3

な感じになってます。
「マイ ミュージック」フォルダは使っていなくて、別ドライブに音楽専用のフォルダを作ってそこに入れています。

それではここから、どうやってCDから曲を取り込んでAndroid端末で聴いているのかを順に書きます。
具体的には

CDからPCへMP3で取り込み→MP3のタグを編集→プレイリスト作成→Android端末へコピー

な感じの手順を踏んでいます。

※Windows用のWinamp には、Android用Winamp と同期が出来る機能が備わっていますが、この機能が実装された頃に色々試したのですがどうしても不具合が出て、それ以来、同期は使うのを止めています。

多分ですが、PCでの音楽管理には、iTunesやMediaGo等のメディア総合管理ソフトを使ったほうが楽だと思います。
しかしながら、うちの古いPCでは、前にiTunesを入れてみたところ動作が重くて、使わずに消してしまいました。
ここでは、iTunes
やMediaGo等を使っていないPCでの音楽の管理を書いています。
(iTunesを全くと言っていいほど使ったことがないので、
iTunesを使うと本当に楽なのかは、分からないのですが。ごめんなさい)

 

・CDからPCへのMP3取り込み

PCを使ってCDからMP3に変換してファイルにする作業(リッピング)ですが、
昔は「CDex」というソフトを使っていました。
他にもリッピングソフトはあるので、探してみてください。
今はWindowsに標準で入っている、WindowsMediaPlayer(以下WMP)を使用しています。
(ここから先は、Windows Media Player 12 での方法を記載します)
(Windows Media Player はバージョンによって操作方法が異なります)

CDをPCのドライブに入れて、WMPを起動します。

この時、CDの情報(曲の長さや音そのもの)を元にネット経由で曲目やらが自動で追加されます(CD自体には曲のタイトルなどの情報は入っていないのです。なのでCD内の曲の音、波形や、曲の長さなどを元にネットワーク上のデーターベースを検索して、曲名やアーティスト名などを引っ張ってきます)。これはCDDB(Compact Disc DataBase)というものなのですが、このCDDB、いくつか種類があるらしい上に、それぞれで情報が違っていたり、たまに間違っていたりと、意外と面倒臭かったりします。
CDの情報が表示されない時は、WMP内の左のリストのCDが入ったドライブ上を右クリックして「アルバム情報の検索」を選んでください。

さてWMPで上の[>>](その他のコマンドを表示する)の「取り込みの設定」で
形式:MP3
音質:てきとうに(私は外で聴く時はあまり音質は重視しないので192kbps)
その他のオプション>「音楽の取り込み」>取り込んだ音楽を保存する場所[変更]で、自分の音楽ファイル専用フォルダを指定しています。普通はそのまま「マイ ミュージック」で良いかと。
[ファイル名]は私は昔からの習慣で[曲のタイトル]だけにしていますが、でも、これだとちょっと問題が起きます。

後は[>>](その他のコマンドを表示する)の[CDの取り込み]を選ぶか、WMP内の左のリストのCDが入ったドライブ上を右クリックして「CDをライブラリに取り込む」を選べば、CDからMP3が作成されます。

 

・MP3タグの加工

PCを使用してCDからMP3ファイルが作られた訳ですが、MP3のファイル内にはID3タグというものが埋め込まれていて、曲目やアルバム名などがMP3ファイル内に記録されています。

Android端末でMP3を聴く時に、実はこのID3タグが重要になってきたりします。

AndroidのシステムはMP3を全てこのID3タグを元に管理しています。
そのために、例えば、同じアーティストの作品なのにタグの表記が違っているとそれぞれ個別に認識されたりとか、タグの間違いで不具合が起きたりとかの問題が出て来ます。

そこで事前に、ID3タグを編集しておきます。

AndroidではID3タグの文字コードがUnicodeである必要があります。
Windows Media Player でCDからMP3を作成した時にMP3ファイルに書き加えられ
ID3タグはそのままだとAndroid端末で文字化けしました。MP3ファイルをAndroid端末にコピーする前にID3タグを必ずUnicode(UTF-16)に書き換えてください。

私はWMPで使われてるCDDBのデータがあまり好きではないので、別のCDDBを参照するWindows用のWinampでID3タグを入れ直しています。
(WMPのCDDBのデータで問題ない方は以下の作業は必要ありません)

現在Windows用のWinampの自動タグ機能が使用不能になっています。
(
GracenoteのCDDBが読み込めなくなっている模様)

Winampで曲ファイルを開いている時に、[ファイル]の[ファイル情報の表示]をして[基本情報]にある[自動タグ]を押すと、CDDBを元にファイル情報が更新されます。[OK]を押せば書き込まれます。

 

但し、これだと1曲ごとにしか書き換えが出来なくてめんどいので次の方法を使っています。

 

まずプレイリストエディタの下の[REM]「プレイリストをクリア」でプレイリストをクリアしておきます。
次に作成したMP3が入ったフォルダをまるごとWinampに放り込みます。
プレイリストエディタに曲が並びます。
[プレイリスト]「全て選択」で全部選択してその上で右クリックで[送る]→[自動タグ]
すると選択した曲を全部解析してタグ情報を追加してくれます。
リスト内の曲名をクリックしてみて変更後の内容で良ければ
[変更を加える]をクリック
これで全部のID3タグを書き換えてくれます。

あとID3タグを編集するのに、専用のソフトも使っています。
ID3タグのアーティスト名などを統一したい時などに書き換えたりするので。

私は「SuperTagEditor 改造版(SuperTagEditor改 Plugin Version (Nightmare) )、STEP」を今使っていますが、
これのさらに改造版で「SuperTagEditor改 Nightmare (STEP) 改造版 (STEP_M)」(改造版のさらに改造版)というのがあるそうです。
このソフトは一般的な表計算ソフトと同じような感覚でID3タグを手軽に編集出来ます。
※記述するID3タグのバージョンですが「ID3v2.3」にするのが良いらしいです。

あとは「Mp3tag」というソフトを併用して、使い分けています。

 

・プレイリストの作成

アルバム毎に聞くだけなら、ID3タグにアルバム名とトラック番号がちゃんと記録されていれば、プレイリストが無くても、曲データを端末にコピーするだけで、アプリでちゃんとアルバム毎にトラック番号順に再生してくれます。

色んなアルバムから色んな曲を自分の好きな順番に聴きたい時に、プレイリストを作成します。
プレイリストの作成は端末上でアプリで出来ますが、PCで作っておくと、ちょっとだけ楽です。

Android端末では、M3U形式のプレイリストを限定的ですが認識してくれます(とりあえず私が持っている端末では)

なので、PCでM3Uプレイリストを作成してAndroid端末で再生することが出来ます(出来ています)

但しAndroid端末が認識して使用出来るM3Uプレイリストには以下の制約があることが分かっています(私調べ)

・M3Uファイル内の日本語文字列は Unicode である必要がある。
・拡張子は「M3U」「m3u」

M3Uプレイリストはメディアのスキャンが実行された時にAndroidのシステムに読み込まれます(システム内のどこに格納されるかまでは私には分かりません。Androidのシステムの中のファイルのどれかのどこかに書き込まれるのだと思います)。

プレイリストを作成するソフトは何でもかまいません。探してみてください。
私はPCでのM3Uプレイリストの作成にWinampを使用しています。
以下の手順で作っています。一例です。

・Winampのプレイリストエディタに、聴きたいMP3ファイルを放り込み、曲順を並び替える。
・プレイリストエディタの[ファイル][プレイリストの保存]で、ファイルの種類を「M3U8(Unicode)プレイリスト」にして、ファイル名を付けて保存。
・出来上がった[ファイル名.m3u8]の拡張子を書き換えて[ファイル名.m3u]にする。

以上です。

※Winampのプレイリストエディタで作成したプレイリストにはフォルダ階層(パス)の情報が含まれています。AndroidでM3Uを使用する場合はパスの情報は無視されるので問題はありません。

 

・アルバムアート

プレイヤーで再生する時に、アルバムアート(ジャケットアート)が欲しいので、その作成です。
MP3再生ソフトの多くは曲が置いてある場所にある[アルバム名.jpg]をアルバムアートとして認識します。

曲のMP3ファイルそのものに、画像を埋め込むことも可能です。
ですが、前にやった時にイマイチ上手くいかなかったのと、ファイルの容量が画像の分だけほんのちょっと大きくなってしまうので、私は埋め込みはしていません(塵も積もれば山になるので)
Amazonで購入したMP3は最初から画像が埋め込まれていました。

私は[アルバム名.jpg]の画像を作って、MP3ファイルがあるフォルダにコピーしています。
PC用のWinampで以下のように作業しています。
まず300x300pixelくらいの大きさのアルバムアートの画像を用意します。
[ファイル][ファイル情報の表示]の[アートワーク]で、[ロード]で使いたい画像を選び、右側の[貼り付け]を押したあと[OK]を押すと、曲が置いてあるフォルダに[アルバム名.jpg]がコピーされます。

 

・Android端末へファイルをコピー

Android端末に挿したSDカードや、内部ストレージに、曲ファイルとプレイリストとアルバムアートの画像をコピーします。
USBケーブルでPCに繋げば端末の中のストレージが見えるようになるので適当に「MUSIC」などのフォルダを作ってそこにコピーします。または端末からカードを抜いてPCに繋いだカードリーダーなどに挿してコピーします。
※USBケーブルでPCと接続しても、PCから端末の中身が見えない場合は、端末側に設定があるはずなので、切り替えてください。
端末からカードを抜く時は必ず「設定」の「ストレージ」から「マウント解除」を実行してください。

※Android端末側の音楽再生ソフトに、コピーした曲が現れない時は、一旦カードの「マウント解除」をしてさらに「マウント」をして、端末にメディアのスキャンを実行さるか、強制的にメディアの再スキャンをさせるアプリを使用します。

※曲のアルバム名などが文字化けする場合があります。
これはAndroid端末ではID3タグの日本語がUnicodeでないと読めないためです。
文字化けした曲のID3タグをタグエディタでUnicodeに変換してください。端末上で文字化けを修正することが出来るアプリを使うと簡単です。

※端末のアプリで作成したプレイリストはシステム内に記録されます(SDカード内には記録されません)「Playlist Backup」等のアプリを使うとSDカードに書き出すことが出来ます。
「Playlist Backup」はメディアの再スキャンも出来るので便利です。


以上で、私のAndroid端末(今はWX04SH)で、Android用Winampを使って、音楽を聴くことが出来ています。
WX04SHにプリインストールされていたアプリ「ミュージック」でも認識、再生されました。
ただしGoogleの「Playミュージック」ではプレイリストの管理が異なるらしく、現在、正常に管理出来ていません。

不明点やおかしな所があれば、お知らせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

YAMAHAのシンセサイザー「V50」を修理、復旧してみた。(内蔵電池とFDDの交換)

私は学生の頃、TMネットワークや、イカ天のバンドブームに憧れて、アルバイトで貯めたお金で、ヤマハのシンセサイザー「V50」を購入しました。

しかし、私はそれまで小中学校以外では楽器を演奏したことがなく、「楽器を手に入れれば練習出来て弾けるようになるだろう」という甘い考えだったため、いざシンセを買ってはみたものの、練習の仕方が分からず、結局、弾けるようにはなりませんでした。
V50はシーケンサーを内蔵していたので、スコアを買ってそれを1音ずつステップ録音して曲を演奏させて、遊んだりした程度でした。

そして、V50は長い間、ソフトケースの中で眠る事になります。

時が経ち、この数年、「けいおん!」の影響で、私の中の「楽器えんそうしたい!」が再燃しまして、V50を長い眠りから覚ますことにしました。

ところが、V50は1989年発売開始の古い機械、ネットで調べたところ、以下の経年劣化があることが分かりました。

・内蔵のバックアップバッテリーが切れている。
・フロッピーディスクドライブのベルトが切れて動かない。

案の定、私のV50も上記の状態でした。

メーカー修理に出そうと考えましたが、どうやら1~2万円かかるらしい。

そこで、自分で修理してみる事にしました。
(以下、画像クリックで拡大します)

 

まずはバックアップバッテリーの交換。

用意するものは、
・半田付け用具一式
・CR2032用電池ホルダー
・ボタン電池 CR2032

本体裏のシャーシ(鉄板)を外します。外周の13個のネジで止まっています。どこにどのネジを使うか、ちゃんとメモするなりしておきましょう。

メインの基板を外して表を見ると、バックアップ用の電池、基板に直付けされたCR2032があります。
V50_01

V50_02
これを外して交換します。

裏から半田ごてと半田吸い取り器を使って、電池を外しました。
V50_03
プラス側は楽に外せましたが、マイナス側が、私の持っている半田ごてのワット数が低くて苦労しました。
V50_04
どうせ電池は捨てて電池ホルダーを付けるので、表から電池の端子を切っちゃっていいと思います。

電池を外したら、今後、電池交換を簡単にするために、CR2032用の電池ホルダーを取り付けます。
プラスマイナスを間違えないように注意。
私は端子をリード線で繋いで(画像で見えてるリード線は電池ホルダのプラスから基板のプラスに繋いでいます誤解されそうな画像ですが)、電池ホルダーをグルーガン(ホットボンド)で固定しました。
V50_05

本体を仮組して電源を入れると、起動メッセージが文字化けしています。
本体の動作もなんかおかしい。
調べたところ、リセット(初期化)が必要とのこと。
[SEQ]と[CARD]を押したまま[DEMO]を押すと、メンテナンスメニューが現れます。
V50_11
[DEMO]ボタンを押すと「Factory set ?」と表示されるので
V50_12
[YES(+1)]を押すと、内部メモリが工場出荷状態にリセットされて、以後正常に動作するようになります。

 

次に、フロッピーディスクドライブの修理。
FDDが動かなくなる原因は、ドライブの駆動ゴムベルトが劣化して切れているからだそうです。

ふたたび裏板を外して、FDDを取り出そうとしたところ、前から引き抜こうとしても、どこか引っかかって抜けません。
あちこちネジを緩めるなどして、やっと外して分かりました。
古いドライブのため、モーターが出っぱっていて、前から抜けなかったんですね。
V50_06

私のV50のFDDのゴムベルトは、やはり切れていました。
ベルトを換えるだけで良いのですが、どうやらちょうど良いベルトがなかなか手に入らないらしい。
手に入ってもズレたりするらしく、ちょっと不安。

色々調べていくうちに、メーカー修理はどうしているかが分かりました。
メーカーでもこの古い2DDのドライブはもう確保出来ないので、PC/AT互換機(DOS/V)用の2HDのドライブとケーブル変換基板に交換してしまうらしいです。

このドライブと基板のセットが個人でも購入出来たらしいのですが1万円ほどしたらしい。
さすがにそれは苦しいので、さらに調べていったら、この変換基板の情報がいくつか見つかりました。
但し、どの情報もイマイチ確実じゃないっぽい。
仕方がないので、自分でこれらの情報を統合して、なんとか変換基板を作ってみる事にしました。

用意した部品
・PC/AT互換機(DOS/V)の内蔵用フロッピーディスクドライブ
・FDD用フラットケーブル
・FDD用電源ケーブル
・基板の切れ端

部品はネットのパーツショップで通販で購入。

内蔵用FDDですが、今となっては既に壊滅状態になってしまいました。
私は手持ちがありましたが、今手に入れるとしたら、自作PCショップを探し回るかジャンクやオークションで完動品を購入するしかないっぽいです。

FDD用の電源ケーブルが必要になるので、自作PC用の変換ケーブルを購入して、
V50_07
これをぶった切って、延長して使用。赤が+5V黒がGND

フラットケーブルですが、私は基板に直で半田付けしてしまいましたが、これがすんごい面倒くさかったです。
フラットケーブル用のコネクタ(こんなの)を買っておけば良かったと後悔しました。
10500008020

結線図は、こんな感じになりましたが、正解かどうか怪しいです。
V50_fdd
この結線図を使うのでしたら、自己責任、ノークレームでお願いします。
※(26pin側のREADY信号の入力は34pin側FDDのDISK CHANGE信号で代用しています。これはSY77用変換基板に合わせました)

んで、作ったのがこの変換ケーブル。
V50_08

V50_09
配線ぐちゃぐちゃ
V50側のケーブルは元のFDDから切り取ってしまいました。
表と裏にグルーガン(ホットボンド)を使って、ケーブルの根元の固定と配線の絶縁をしました。

本体内に組み込む時、FDDとメイン基板の間にちょうどスペースがあるので、そこに基板を入れました。
V50_10

組み立てて、おそるおそる昔のディスクを入れて、動かしてみたところ、無事に動作しました!
SAVE、LOAD、フォーマットなど、いまのところ、全て正常に動いています。
※あくまで、これまでの2DDのドライブと同じ働きをするだけなので、2HD(容量が増えるなど)としては使用できませんので、あしからず。2HDのディスクは基本使えません。

むかし打ち込んだシーケンスデータをディスクから読み込んで、聴いて、懐かしさに浸りました。

私の愛機のV50、無事に復活です。
弾けるようになるように、再び練習を始めようと思っています。

おまけ
2DDのフロッピーディスクなんて手に入らねーよ!
とお嘆きのあなたに。
2HDのフロッピーディスクは、書き込みプロテクト用ノッチの逆側に空いている穴を、セロハンテープなどで塞いで、2DDフォーマットをかけると、2DDのディスクとして使えたりするよ。
昔ながらの裏技です。

おまけ2
このFDDのドライブ交換ですが、SY77/SY99も同じドライブを使っているらしいので、同じことが出来ると思います。ので、誰か成功したら教えてください。
(この変換基板はヤマハの純正のSY77保守用基板のパクリです)
追記:2013/06/25
上記の方法でSY77でもFDDが使用可能になったそうです。ご報告有り難う御座いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)